院長のご挨拶とプロフィール
ホーム > 院長のご挨拶とプロフィール

院長のご挨拶

 高山クリニックは、長くドイツで心臓外科を専攻していた医師・高山鉄郎が、川崎市溝口に新しく開いた大腸肛門を専門にするクリニックです。
 肛門科の指導的病院である東葛辻仲病院、社会保険中央病院等で学んだ最先端の肛門科診療と、長く実践してきた心臓外科の細かい手術手技とをドッキングさせて、痛くない、入院しない、再発しないをモットーに、ほとんどの肛門の病気に対して、日帰り手術を主に行っております。
 また、痛くない、入院しない、大腸内視鏡検査による大腸ガン検診を、同じく日帰りで行っております。
 おしりの病は何とも不愉快なものであり、日常の活動力にも大きな支障をきたします。
 当院では、20年はお尻のことを忘れて暮らせる治療を目標にして、日頃の診療を行っております。
 おしりで悩んでいる方はぜひ一度ご相談ください。

プロフィール

略 歴

高山鉄郎医師 高山 鉄郎

1975年 京都大学医学部卒業
東京大学付属病院、三井記念病院
ドイツ ハノーバー医科大学、ミュンヘン循環器センター等で研修
胃大腸肛門科は荒川医院、東葛辻中病院等で研修

1998年 高山クリニック開院

所属学会

日本循環器学会専門医
日本外科学会専門医
日本胸部外科学会専門医
日本大腸肛門病学会指導医