病名で調べる
ホーム >病名で調べるおしりの病気>切れ痔

病名で調べるおしりの病気

病気と治療法の説明

切れ痔


 切れ痔(裂け痔)は肛門の皮膚の部分にできる裂け傷です。
 便秘や下痢によるものでウンコがお尻の穴を通過するときに作る浅い傷が始まりです。
 この部分は敏感な場所であるため傷口が小さくても強いジーンとした痛みを感じます。
傷口は小さいので出血は少ないのが普通です。最初は座薬で治ってきますが繰り返すことが多く、次第に肛門の穴が狭くなってきます。こうなると便秘がますます強くなり悪循環となってしまいます。ここまで来てしまったものは早くに手術して肛門の穴の大きさを広げる必要があります。

特にダイエットによる便秘と下剤の多用による下痢を繰り返しているうちにひどい切れ痔になって来院する若い女性が多いのが特徴です。


根本的治療

 初期の切れ痔は便秘や下痢をしないようにして、座薬を使ううちに傷口がふさがってきて症状はとれてきます。繰り返している人、肛門が狭くなってきた人では傷の部分を含めて切除して肛門の大きさを元に戻します。
むしろ何回も辛い思いをしている人は手術で再発しないようにしてしまったほうがすっきりするでしょう。すべて日帰りの外来で行います。



気になる病名を選んで下さい

イボ痔

切れ痔

痔瘻

イボ痔のカントン

肛門周囲膿よう

大腸がん

大腸ポリープ

大腸憩室症

潰瘍性大腸炎、クローン病

脱肛