病名で調べる
ホーム >病名で調べるおしりの病気>大腸ポリープ

病名で調べるおしりの病気

病気と治療法の説明

大腸ポリープ


 大腸にできる茸状の突起物をポリープといいます。
小さい物は数ミリから大きくなると数センチを超えるものもあります。これらのなかには一定の割合でがん、またはがんの芽が含まれています。
 但し、大きさと形だけでは必ずしもその性質を判断できません。必要があれば内視鏡の先から投げ縄をして採って顕微鏡で検査をしてその性質を判断します。多くの場合に外来で容易に採ることができますがやはり一種の手術ですのでその日はまっすぐ帰って静かにしていてください。
 肛門に近い直腸のポリープは小指ほどの大きさになると、イボ痔の出血と勘違いするほど真っ赤な血が出ることがあります。痛みがないためイボ痔と間違えて長年放置している方も多いようです。簡単に切除することができますが早期に両性か悪性かの判断をすることが重要です。


根本的治療

 大きくなったものは別としてほとんどのものは簡単に外来で切除します。入院の必要はありません。悪性の疑われるときは がんの治療に準じた方法をとります。



気になる病名を選んで下さい

イボ痔

切れ痔

痔瘻

イボ痔のカントン

肛門周囲膿よう

大腸がん

大腸ポリープ

大腸憩室症

潰瘍性大腸炎、クローン病

脱肛